最近は旅行というイメージが大きく変化していっています。
往来の旅行のイメージと言えば自家用車があり、待ち合わせてその集合場所から乗り合わせて旅行をするケース。最寄りの駅で待ち合わせて電車を乗り継いて旅行をするケース。現地集合のケースなどが考えられていました。
しかし、自家用車は所有者の参加が絶対となり、最寄駅から電車を乗り継ぐとなると、手間が増える事も多くなり、現地集合の場合もはや旅行の醍醐味がどこかに行ってしまったのではないかというほどに味気ないものがあります。
近年になり、レンタカーの普及がとても多くなり、いつでも気楽にレンタカーを借りる事が出来るようになりました。
そしてレンタカーを使う事で、自家用車の所有者が居なくとも、免許を持っている人がいれば旅行をする事が可能になりました。

そしてまた近年、電車の主要駅には高速バスターミナルや、高速バスの駅も併設される事になってから、高速バスもとても広い範囲で普及していき、乗り継ぐことなく、目的の旅先まで行けるようになりました。
現地集合現地解散の悲しさも、これでだいぶ緩和されたのではないでしょうか。

このように、公共的な交通機関の利便性や自家用車なくとも車を使っていけるという利便性が増えていく事によって、色々な選択肢の幅が広がっていく事になった近年、レンタカーや高速バスの普及が大きくライフスタイルとして介入してきたと言えるのではないでしょうか。

少なくとも往年の手間と醍醐味の区別のつけ方によって、合理的でいて楽しめると言う社会の変化は今後ともとても楽しみになってきていると言えます。

オススメsiteへ

カレンダー
2016年7月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031