世界遺産が沢山あるペルーの魅力|旅行で行くなら情報集めが必須

南米屈指の観光地

レディ

標高と気候

ペルーは南米の西部に位置し、リマを首都とした国です。世界遺産に登録されている観光地が多く、現在では旅行地として人気を集めています。ペルーの特徴は標高と気候です。国土の多くはアンデス山脈が占めており、人気の観光地も高地に位置しています。有名なチチカカ湖は富士山の標高よりも高い場所にあり、旅行する際には高山病に注意する必要があります。ペルーの気候は日本とは逆で11月から4月が夏になります。リマ、ナスカがある海岸地帯は平均気温が20度前後で年間を通してほとんど雨が降りませんが、冬の時期になると霧が立ち込めて曇天になることが多いです。山岳地帯は気温が低く、朝晩の冷え込みが激しいです。11月から3月が雨季となります。森林地帯は平均気温が28度で5月から10月は40度を超えることもあります。このようにペルーでは地域によって温度や雨季が変わるので、旅行時の服装には気を付ける必要があります。

世界遺産の多い場所

ペルー旅行の見どころは何といっても世界遺産です。ペルーの世界遺産は数多いですが、その中でも天空の都市と言われるのが「マチュピチュ」です。マチュピチュは15世紀のインカ皇帝が作り上げた説がありますが、謎の部分も多い場所です。また、周囲を石積みの壁で固められており、歴史的な面、外観などが人を引き付ける魅力となっています。世界遺産として人気を誇っているのが「ナスカの地上絵」です。大高原というキャンパスに線や図形で描かれた絵で、何を目的としているのか不可思議なとこが多いです。この場所は遊覧飛行で上空から見ることが出来るので、人気スポットとなっています。ほかにもクスコ市街やマヌー国立公園など多くの世界遺産があり、ペルーは歴史的なミステリーが魅力的な国です。南米を旅行する際はペルーが最もおすすめです。また、初めて海外旅行をする方はツアーに参加するのがおすすめです。国内のツアー会社であれば観光スポットをしっかり押さえたツアー日程を組んでくれて、安全に移動することができます。

日本からの観光客が多い

スーツケース

ネパール旅行は、日本人の間でとても人気がある観光スポットです。特にチトワン国立公園は、珍しい動物、鳥類が見られると評判を呼んでいます。ただネパールでは、写真を撮影できない場所もあるので、注意が必要です。

もっと知ろう

人気の旅行先です

2人の女性

シンガポールはアジアにある国家で、日本人にとって人気の旅行先の一つとなっています。ホテルや食事、観光地巡りなどを旅行代理店がすべて手配してくれるツアーも多数ありますから、旅行初心者などはツアーを利用するのが良いでしょう。

もっと知ろう

日本から近い海外の1つ

男性

セブ島は綺麗な海があり、日本から近いリゾート地で観光やアクティビティが沢山ある島です。スペインの統治下にあった為、その頃の名残が残る場所を観光で訪れることができます。セブ島には日本語の喋れる人が多いので安心できます。セブ島の観光ではやはり日本ではないので自己防衛だけはしなくてはいけません。

もっと知ろう